“初湯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はつゆ66.7%
うぶゆ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨年の十二芝愛宕下桜川町しまして、此春初湯りたいとじ、つい近辺銭湯にまゐりまして「初湯にもひのこすやのあか」
年始まはり (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
おなじく二日ひて、初湯んで風俗以前ありたり、もあるべし。たとへば、本町風呂屋ぢや、いた、がわいた、とのぐあひなり。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「赤さんは大きな男のおですよ。」と、産婆は死児をそっと次のへ持ち出した。そこには母親が、畳の上に桐油を敷き詰めて、初湯湯灌かの加減を見ていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)