“年賀”の読み方と例文
読み方割合
ねんが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正月になると、屹度屏風薄暗からして、玄關仕切りにてて、其前紫檀名刺入いて、年賀けたものである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
短躯小身なりとも、かうして新聞から出向は、紋着のたしなみはなくてなるまいが、つた年賀でなし、風呂敷包背負ひもならずと、……だちはつべきもの
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
○ 年賀