“恵方詣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えほうまい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恵方詣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかしその時に限らず、ちょうどその五六日前にも、銀子たちは三台の車に分乗し、伊沢も仲間入りして、春よしのお神に引率され、羽田の穴守あなもり恵方詣えほうまいりに行き、どうかした拍子に、銀子は春次と一緒に乗っている伊沢の車に割り込み
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)