“元旦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がんたん83.3%
ぐわんたん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが元旦の夕方ちかくなると、ああ、もう日が暮れるのにと、どうしていいかわからない物足りなさが憂鬱をもってくる。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
その次は今から五年ばかり以前、正月元旦を父母の膝下で祝ってすぐ九州旅行に出かけて、熊本から大分へと九州を横断した時のことであった。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それでは今年めてだのからも一年元旦にありといふから、おさんも
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
つてたのは三十六元旦で、此日年始幻花子は、掘初めをするとつて一人出掛けたのを、から、靜灣佳水天仙望蜀古閑狹衣活東の七評議