“十月”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とつき65.9%
じふぐわつ19.5%
オクチャーブリ12.2%
ジュウガツ2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「うむ、月輪殿も、きょうはだいぶお長座いことだ」そこへ、奥から一人の僧が、まだ生後やっと十月ぐらいな嬰児を抱えてきて
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つてりました「かずに、十月家出をしたばかりに、海蛇られてしまひました。」
然し勤労者の中には「十月」以後ソヴェト同盟で生産は生産のために行われているという羨むべき事実を理解しない「棒杭奴」もある。
このサクラの本名は十月ザクラというもんだ。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)