“花畑”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなばたけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
咲耶子は口にくわえた呼子笛を、力いッぱい、ピピピピピッ……と吹きたてながら、陣馬じんばはらのお花畑はなばたけへ走りだした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
花畑はなばたけわたつてからだが、はし渡返わたりかへしてくわんそとまはりを𢌞まはつてく。
鳥影 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ちょうは、あちらの花畑はなばたけへとんでいきました。あかはなあおはなや、しろい、いいにおいのするはながたくさんいていました。
花とあかり (新字新仮名) / 小川未明(著)
そのようすを見て、咲耶子はぜひなく、一方の槍ぶすまをつきぬいて、お花畑はなばたけ疾走しっそうした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家内かない桂川かつらがは一本橋いつぽんばしむかうの花畑はなばたけ連立つれだつて
鳥影 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そして、花畑はなばたけでもとおってきたように、着物きものは、いいにおいがしました。
緑色の時計 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それはもっともっと縮んで、たんぽぽとれんげ草の花畑はなばたけとなり、もっともっと縮んで飛行機から見下ろした武蔵野の風景となり、それから南と北に分れて太平洋と日本海が藍色あいいろに見えだした。
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それに釣りこまれて、一座は花畑はなばたけのように笑いころげた。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
花畑はなばたけへでもいてると、綺麗きれい蝶々てふ/\は、おびて、とまつたんです、ひと不思議ふしぎなのは、立像りつざうきざんだのが、ひざやはらかにすつとすはる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
楕円の、菱の花畑はなばたけ
緑の種子 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)