“立像”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りつぞう42.9%
りつざう28.6%
たちすがた14.3%
りゅうぞう14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さいわい、広場にはだれもいませんでした。ただ、高い台の上に立っている立像が見えるばかりでした。ニールスは長いあいだ、その立像をながめていました。
花畑へでもいてると、綺麗蝶々は、て、つたんです、不思議なのは、立像んだのが、かにすつとる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
これは立像で、手にを持っている。次が制吒迦童子、岩に腰を掛け、片脚を揚げ、片脚を下げ、り棒を持っている。この二体が出来て来ると、次は本体の不動明王を彫るのです。