“植田”の読み方と例文
読み方割合
うえだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最早梅雨に入って、じめ/\した日がつゞく。簑笠で田も植えねばならぬ。畑勝ちの村では、田植は一仕事、「植田をしまうとさば/\するね」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)