“炎天”の読み方と例文
読み方割合
えんてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏の炎天ではないからよいようなものの跣足——まるで赤く無い金太郎といったような風体で、急足って来た。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
鳥もけものも、みなえ死にじゃ人もばたばたれたじゃ。もう炎天飢渇に人にも鳥にも、親兄弟の見さかいなく、この世からなる餓鬼道じゃ。
二十六夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
かんかん炎天につツつて、がなにかえごとをしてゐました。がどこからかとんできて、ぶんぶんその周圍をめぐつていでゐました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)