“雹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょう92.5%
ひよう5.7%
へう1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この渦が雷雨の一つの型であって、こうして出来た上昇気流が、電気の分離を生じ、あのじい電光になり、またを降らすのである。
「茶碗の湯」のことなど (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
天よりしてなり。地気粒珠するは地気の凝結する所、冷気強弱によりて其形にするのみ。
ふ、越山蜥蜴つてく。にして、んでぶ。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)