“天道虫”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんとむし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天道虫”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「まあ、私なんか残念でも羨ましくもないわ」とナヂェージダが言った。「それどころか、甲虫だのお天道虫てんとむしだのに一所懸命になってる人の気が知れないわ。食うや食わずの人間ひともいるのに。」
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)