“雨乞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あまごい47.4%
あまご36.8%
あまごひ15.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天平感宝元年五月六日以来、となって百姓が困っていたのが、六月一日にはじめて雨雲の気を見たので、家持は雨乞の歌を作った。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
春の頃からひどく旱魃の打ちつづいた承安四年の事、清涼殿で雨乞いが執行われたが、誰が祈祷にあたっても、一滴の雨も降らなかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
などと、いやうも氣恥かしいが、其處れまいと、一生懸命推敲した。このために、炎天一滴なかつたのは、雨乞奇特ではない。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)