“祈祷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きとう75.1%
いのり14.4%
きたう9.1%
おいのり0.5%
おらしょ0.5%
こえ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次第に日はかたむいて、寺院のあたりを徘徊する人の遠い足音はいよいよれになってきた。美しい音色の鐘が夕べの祈祷を告げた。
仏教信者は食事をする時、先づ飯を一とつて仏に供へる事を忘れない。耶蘇教信者はまた食卓につくと、屹度感謝のお祈祷をする。
翌朝セルゲイ、セルゲヰチはて、熱心に十字架つて祈祷げ、自分等院長たりしはしたのでつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
可笑しげな、なんとも頑固な祈祷を捧げるのではございます。
ただ、専念に祈祷え、DS の御徳にすがり奉って、万一「いんへるの」の業火に焼かるる事を免るべし」と。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それほど祈祷神々しく武者之助の一団にも聞こえて来た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)