“祈祷文”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きたうぶん50.0%
きとうぶん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“祈祷文”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれ命令めいれいで、だれ患者くわんじや一人ひとりが、つて、こゑげて、祈祷文きたうぶん
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
だれ患者かんじゃ一人ひとりが、って、こえげて、祈祷文きとうぶんむ、それからかれ自身じしん
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)