茶話ちゃばなし03 大正六(一九一七)年03 たいしょうろく(せんきゅうひゃくじゅうしち)ねん
1・7(夕) 犬養木堂の刀剣談は本紙に載つてゐる通り、なかなか通なものだが、その犬養氏を頭に戴いてゐる国民党が鈍刀揃ひの、加之に人少なであるのに比べて、犬養氏が秘蔵の刀剣は、いづれも名剣づくめで、数もなかなか少くなかつた。 そんな名剣も貧乏 …
作品に特徴的な語句
にこ ぺり ぐひ もじや いたづ よる 容貌かほたち ちやう いたづら わて ぺた おまへ 発見めつか しかつ じゆ ぺが しか たつ まざ つか じつ あづ ばた 普通ざら いは ぢき ぶんの 沙翁シエキスピヤ もど きつ 悪戯てんがう なか しまひ ことわ ひしや けが はづ しやが ひけ ひね 女房かない むつか 蹲踞かいつくば ナイフ よつて さら たつと 盗人ねすと ぢゆう ぷち くる まる 衝突ぶつつか たん かへ うち ぼん ばひ 家中かちゆう とこ 退しさ やかま がは 出会でくは むつ そら 蹲踞はひつくば 八歳やつゝ 外方そつぽう 機会をり 粗忽そさう ぢやう 真実まつたく 相応かなり ぴど 酒店バア あて 健康ぢやうぶ ステツキ ゆつ 心附こゝろづけ 果物フルウト 徜徉ふらつ 先日こたひだ 効果きゝめ えら
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)