茶話ちゃばなし03 大正六(一九一七)年03 たいしょうろく(せんきゅうひゃくじゅうしち)ねん
1・7(夕) 犬養木堂の刀剣談は本紙に載つてゐる通り、なかなか通なものだが、その犬養氏を頭に戴いてゐる国民党が鈍刀揃ひの、加之に人少なであるのに比べて、犬養氏が秘蔵の刀剣は、いづれも名剣づくめで、数も …
作品に特徴的な語句
恰幅かつぷく 牡蠣かき 伯林ベルリン 輿入こしいれ トン 反身そりみ 螺鈿らでん 夜寒よさむ 物識ものしり インチ いが 金槌かなづち 庫裏くり 布令ふれ ちん 鵜呑うのみ 銅鑼どら まこと 律義りちぎ 黴菌ばいきん 惜気をしげ 樹蔭こかげ 無躾ぶしつけ 見窄みすぼ 手蔓てづる 花片はなびら もみ 請合うけあ 護謨ごむ 木挽町こびきちやう すし 市街まち 生娘きむすめ 冥土めいど 効目きゝめ 御法度ごはつと 田螺たにし 余裕ゆとり そら 居士こじ 檀那だんな 彗星はうきぼし 山葵わさび 拳骨げんこ 咳払せきばら 鶏卵たまご 手古摺てこず 其角きかく 広東カントン 面倒めんど 他愛たあい 伯耆はうき くど 貴君あなた セント 悪戯者いたづらもの はた 逆立さかだ 生捕いけど 花弁はなびら 落人おちうど 書肆ほんや 齷齪あくせく 伝手つて 勿怪もつけ 直垂ひたたれ 諫言かんげん 湯女ゆな 目論もくろ 身顫みぶるひ 宝物ほうもつ 台辞せりふ たの 居睡ゐねむり 妙齢としごろ 払子ほつす 暮方くれかた 赤蜻蛉あかとんぼ 小舎こや 七歳なゝつ 突如だしぬけ 面当つらあて かつを 牝牛めうし 干支えと 彼是かれこれ 毎月まいげつ 他家よそ つと 折柄をりから くじ 玉葱たまねぎ きのこ 蛞蝓なめくぢ たら 御身おんみ れき さき みなと 犢鼻褌ふんどし
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)