茶話ちゃばなし05 大正八(一九一九)年05 たいしょうはち(せんきゅうひゃくじゅうきゅう)ねん
1・5(夕) 寺内内閣が壊れて、その跡へ政友会内閣が出来かゝるやうな運びになつて、総裁原敬氏の白髪頭のなかでは、内閣員の顔触が幾度か見え隠れしてゐた頃、今の文相中橋徳五郎氏の許へ、神戸にゐるお医者さんの桂田富士郎氏から一本の電報が飛込んで来 …
作品に特徴的な語句
ぐひ ぐひ うぶ いたづら おまへ わて ごの しか としよ いづる ばう まぜ ききめ ばた 出入ではひり 出会であひ さき あく ぢよ 女房かない くゝり はづ 蝸牛でゝむし かは ぢゆう たづ むつか 添書そへがき ぺら 移転ひきこ かほ むつ 質問とひ 申出まをしいで セツキス うち 鉄槌てつつい あし かへ てる いろ せゐ おろ だて ぱし しが ちやう ぐわん ところ づつ 生活ぐらし かゞと 前屈まへかが 水溜みづだま おやぢ ところ へた さが ちぎ 旅宿はたごや ゑみ 普通たゞ やけ 大阪あすこ 眼力めきき にほ 先方むかふ ちやう 微笑ほゝゑみ 彼方あつち 彼地あすこ なんぢ どや 誤解はきちがひ とこ をか 父親おやぢ 接吻キツス 移転ひきこし おほ さう 発見めつ 合点がつてん しかり へう
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)