茶話ちゃばなし05 大正八(一九一九)年05 たいしょうはち(せんきゅうひゃくじゅうきゅう)ねん
1・5(夕) 寺内内閣が壊れて、その跡へ政友会内閣が出来かゝるやうな運びになつて、総裁原敬氏の白髪頭のなかでは、内閣員の顔触が幾度か見え隠れしてゐた頃、今の文相中橋徳五郎氏の許へ、神戸にゐるお医者さん …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 矢庭やには どんぶり 物識ものしり 短冊たんざく とぎ 請合うけあ 市街まち 香奠かうでん 白髪頭はくはつとう 肝煎きもいり 手数てすう セント やなぎ 貴君あなた 書肆ほんや 悪戯者いたづらもの 最寄もより たのし さくら 妙齢としごろ 他家よそ 巌丈がんぢやう 谿たに 馬丁べつたう パウンド など 蹴込けこみ 寡婦ごけ 側目わきめ つよ 北京ペキン 生地きぢ もり 滅相めつさう 飯事まゝごと 江州がうしう 毎年まいとし 刀自とじ 手短てみじか 膳所ぜぜ 不在るす 係蹄わな 公家くげ 舞妓まひこ 青柳あをやなぎ 同情おもひやり しの かた 蟷螂たうらう おくび 気忙きぜ 軍鶏しやも はぜ 鳥目てうもく 善悪よしあし 羅甸ラテン 入口いりくち 内証ないしよう 郷里くに 骨牌かるた 昵懇なじみ 手強てごは 拳銃ピストル 女将おかみ 言草いひぐさ 国府津こふづ すぼ 埠頭はとば 弾機ばね 笑窪ゑくぼ はしや 油画あぶらゑ 胃潰瘍ゐくわいやう らう 博奕打ばくちうち 谿間たにあひ くさめ 住家すみか 波斯ペルシヤ 清潔きれい 衣笠きぬがさ 霊魂たましひ 法被はつぴ 相成あひな 強力がうりき 両掌りやうて 危険けんのん 鸚哥いんこ 使者つかひ 性急せつかち 岨道そばみち かは 画家ゑかき 番附ばんづけ 茶店ちやみせ
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)