“質問”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しつもん73.3%
たずね6.7%
とい3.3%
3.3%
きき3.3%
きゝたゞ3.3%
たず3.3%
とひ3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故そうしたかとの質問御尤である。不幸にして白状してしまはなければならぬことに立到つた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
いといお質問じゃ、それらのはすべて、修行のりとなるために、自力を頼んで排した難行道のなのです、他力易行の門には敢てないことじゃ、あるがままのにまかせておくのみで
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イヤしかしそなたの質問大分領分外事柄ってた。産土のことなら、よりもそなたの指導役しいであろう。
それもようやく恢復したので、明日はいよいよ南洋を指して出帆という瀬戸際じゃないか。そいつを君にソワ付かれちゃ、誰だって質問かずにゃいられないよ。訊いたからこそ話したのさ。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ラシイヌは四辺を見廻してから事務的口調で質問だした。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幾人あるかとお質問ねに対しては、只今の所差し当り私一人で、弟子に林美雲というものがある位のもので、何んともお答えのしようもありませんが、しかし、今日、私一人であっても
青邨はいつだつたかの淡窓の答へを思ひ出して、うにも合点の往かないらしかつた。で、立続けに今一つの質問を投げ出した。