“産土”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うぶすな95.2%
ウブスナ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るに見兼ねて産土神様に、氏子一人んな事情になってりますから、うぞるべく……と、おいしてやりました。
私はその前から植物が好きで、わが家の裏手にある産土神社のある山に登ってよく植物を採ったり、見たりしていたことを憶えている。
産土の社に集るにつけても、今日では途次の行列を人に示すのが第一になつて、鎮守の宮に行くのは、山車地車を見せて、神慮をいさめ申す為だと考へてゐるが、此は意味の変遷をしたもので
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)