牧野富太郎自叙伝まきのとみたろうじじょでん01 第一部 牧野富太郎自叙伝01 だいいちぶ まきのとみたろうじじょでん
土佐の国、高岡郡佐川町、この町は高知から西へ七里隔ったところにあり、その周囲は山で囲まれ、その間にずっと田が連り、春日川という川が流れている。この川の側にあるのが佐川町である。南は山を負った町になり、北は開いた田になっている。人口は五千位の …
作品に特徴的な語句
づくし いずくん とこ ゆき ファミリイ かたじけの のぼる けみ もと けい そむ うべな ちょ ひとつ いず しっ 温泉うんぜん とおざ ぼう 何方どなた たす つぶ あざむ 目細めほそ おもむき ごく さき いくば けん つかわ おか ちゅう うろう 取組とりくみ あらた あるい 心緒しんちょ はじめ つき よわい 酒男さかおとこ つれ いやし まとま 米櫃べいき 欵冬かんとう 書賈しょこ ふる かな おさ うれ おも また いたずら ろう べん たび つい すで きま つと さかさま 紺屋こうや きざ 繇条ようじょう 繖形さんけい ぬす かか 羸弱るいじゃく 偶々たまたま 職愨もとよし たま 蟋蟀こおろぎ もと ただ しとね ふんどし 裘葛きゆうかつ しま 良人おっと 俗累ぞくるい 胴籃どうらん
題名が同じ作品