“取組”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とっく71.4%
とっくみ14.3%
とりくみ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“取組”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心持がうございますぜ、とさかを立ってずっとして、まなこをくるりと遣りますとね、私とでも取組とっくみそうでさ。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
——勿論、年増だが、別嬪べっぴんだから取組とっくんでも可い了簡りょうけんかも知れません……従妹め、怒ったの怒らないの、それぎり出て来ない。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「わしの職掌しょくしょうは犯人と取組とっくみあいをすることで、幽霊の世話をすることは職掌にないですぞ」
四次元漂流 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし、考えてみると、大学の矢田部教授と対抗して、大いに踏ん張って行くということは、いわば横綱と褌担ぎとの取組とりくみみたようなもので、私にとっては名誉といわねばならぬ。