四次元漂流よじげんひょうりゅう
この「四次元漂流」という妙な題名が、読者諸君を今なやましているだろうことは、作者もよく知っている。 だが作者は、この妙な題名について、今何よりも先に、それを説明することはしない。だから読者諸君は、ここしばらくの間、この妙な題名についてなやま …
作品に特徴的な語句
つつみ むな かご 引出ひきだし かわ あかり あお にわ とま 凝視ぎょうし ほと なか 離家はなれや 取組とっくみ いにしえ はた うな 木柵きさく やみ にぎや ななめ 夜更よふけ 失敗しま 尻込しりごみ ゆびさ 蒼白そうはく ゆか 戸締とじま かか すべ こと ただよ 濾紙ろし ほのお 焚火たきび 焦燥しょうそう 煉瓦れんが 煙管きせる 煙草たばこ 狼狽ろうばい 猛者もさ 獅子しし はなは 生命いのち 生垣いけがき 生憎あいにく 田山たやま 界隈かいわい 痙攣けいれん 発端ほったん 白亜はくあ しわ 盗見ぬすみみ まゆ まぶ 眼付めつき 眼配めくば 眼鏡めがね ねむ にら 短冊たんざく くだ 硝子ガラス こわ わざわい 稜線りょうせん 空地あきち うかが 立停たちどま センチ ひも 紙幣さつ 紫檀したん 総出そうで ふち 職掌しょくしょう ひじ ふと そむ 胴中どうなか すみ かばん 面長おもなが おもて 雲行くもゆき 雁首がんくび かり 隙間すきま くま 鋪道ほどう やしき くぎ 銀杏いちょう かぎ