“総出”のいろいろな読み方と例文
旧字:總出
読み方割合
そうで91.7%
そうい8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けて働く面々も、すぐり抜きたる連中が腕にを懸けて、車輪になりて立廻るは、ここ二番目の世話舞台、三階総出大出来なり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
消防隊員は総出でもって、穴の中にしきりにセメントの溶かしたものをぎいれている。もちろんそれは蟹寺博士の指図によるものであった。
○○獣 (新字新仮名) / 海野十三(著)
こちらは高麗丸の右舷、中甲板の欄干総出で、かなしいかな、人間人間人間なんだ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)