フレップ・トリップ
フレップの実は赤く、トリップの実は黒い。いずれも樺太のツンドラ地帯に生ずる小灌木の名である。採りて酒を製する。所謂樺太葡萄酒である。 心は安く、気はかろし、 揺れ揺れ、帆綱よ、空高く…… おそらく心か …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 烏賊いか 矢庭やにわ 浅葱あさぎ かば 背戸せど にれ 沢庵たくあん 鬱憤うっぷん ひえ 突兀とっこつ ふか あん 亢奮こうふん 遮二無二しゃにむに インチ 土耳古トルコ 爛々らんらん かも 従弟いとこ 楚々そそ 小倉こくら 忿怒ふんぬ 銅鑼どら 幔幕まんまく なつめ なまず 芙蓉ふよう 護謨ゴム 微風びふう 淙々そうそう 牡丹餅ぼたもち むじな 田螺たにし 香華こうげ 蹴出けだ 追分おいわけ 華魁おいらん こうし 幸先さいさき そり 白髯しらひげ 疳癪かんしゃく 俯瞰みおろ 牛蒡ごぼう 鎧戸よろいど 驀進ばくしん 鳶色とびいろ 小豆あずき 時化しけ にしん 小舎こや 跳梁ちょうりょう 癇癖かんぺき 向日葵ひまわり 書肆しょし 熾烈しれつ 一図いちず 一歩ひとあし 沓掛くつかけ どじょう ふる 毛唐けとう 藻屑もくず さめ 幽邃ゆうすい 恭々うやうや 放恣ほうし 碓氷うすい 申訳もうしわけ 好々爺こうこうや 棕梠しゅろ 瞥見べっけん 翩翻へんぽん はま 真平まっぴら 薬鑵やかん 燦々さんさん 彼是かれこれ 牝牛めうし 矍鑠かくしゃく 遥々はるばる 谿たに 爪立つまだ 河豚ふぐ 潺湲せんかん 紊乱びんらん 詰襟つめえり きび えび 剣呑けんのん 豌豆えんどう 飄々ひょうひょう 虎杖いたどり 利鎌とがま 北国ほっこく 後足あとあし