フレップ・トリップ
フレップの実は赤く、トリップの実は黒い。いずれも樺太のツンドラ地帯に生ずる小灌木の名である。採りて酒を製する。所謂樺太葡萄酒である。 心は安く、気はかろし、 揺れ揺れ、帆綱よ、空高く…… おそらく心からの微笑が私の満面を揺り耀かしていたこと …
作品に特徴的な語句
ひた 何処どく ぬし っしゃ かり ごつ あり とけえ ごつ おいどん ごた ごっ たぬ 焦燥じりじり 此処こけえ あざ はあゆ そひ おわり だっ おじ もの すく そん しょう 怜悧はしっこ しぬ 莞爾にこにこ ぎれ 食卓テエブル 尖端とっぱな 暴露 昨夜ようべ 退しざ あけ たたか きょく 蝙蝠へんぷく かわ 何処どけ だり いず こう 昼餐ひる さき 一寸ちょっ 彼処あっこ かお たか しわ アカ おど かが 敏捷はしっこ いささか しわ 明星あけぼし こさ さが かえ くれ 扈従つき こそ 眼交めまぜ 嘘言しらごつ 義父おとう 眼窩めのくぼ せき えん 気狂きちげ 赤酒レッドワイン べり 寂々じゃくじゃく うっ づら たた 住居じゅうきょ いず 襁褓しめ いぶ 白金はっきん にび 淡紅うすべに 退しりぞ