“畢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おわ38.1%
をは23.9%
つひ11.2%
6.0%
4.5%
つい4.5%
しま2.2%
をわ1.5%
しまひ0.7%
をはん0.7%
おえ0.7%
おは0.7%
おわり0.7%
おわんぬ0.7%
ことごと0.7%
しめえ0.7%
をはつ0.7%
をはり0.7%
をへ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて今既に印刷しっているファウスト考には、右の第一部、第二部の正誤表を合併して、更に訂正を加えて添えてあるのである。
不苦心談 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
然れどもに交合は必然に産児を伴ふ以上、男子には冒険でもでもなけれど、女人には常に生死をする冒険たるをれざるべし。
娼婦美と冒険 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
日課をへては、学校の向ひなる、「カッフェエ・ミネルワ」といふ店に入りて、珈琲のみ、酒くみかはしなどして、おもひおもひのす。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
らにこんで爺樣借金けねえでんだからそれせえなけりやかねえでもへんだよ、そんだがそれでばかりれねえな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
当時又可笑しかったことには赤木と俳談を闘わせた次手に、うっかり蛇笏を賞讃したら、赤木はかさず「君とに蛇笏を認めたかね」
飯田蛇笏 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「こんなことでお世間がしくてやうがないのでね、でも本當つてふんだよ」内儀さんは巡査一寸てさうして
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼は彼の一生の中に何度も「サタンよ、退け」と言つた。現に彼の伝記作者の一人、——ルカはこの事件を記した後、「悪魔この試み皆りて暫く彼を離れたり」
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そつちからもこつらからもれがへられた。左手が二げて二されてもせなかつた。勿論には配偶けたものまで僂指された。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
此物語に引き入れらるゝなく、詩趣ゆたかなる四圍光景は、十分に我心胸に徹して、平生の苦辛はこれによりて全く排せられぬ。
一くぎりをるごとに私は深い息をつく。
恢復期 (新字旧仮名) / 神西清(著)
「御酒盞の余分、御銚子の余分等を大土器に移し入れて、伝へて後取人に給し、其の人飲みる」、藤原明衡の雲州消息に、「今日奉‐仕後取之役。杖酔退出」
手長と足長:土蜘蛛研究 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
然間討死勲功之跡、以此準拠断絶、(中略)
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
夜、燕王、張玉を中軍に、朱能を左軍に、陳亨軍に、丘福を騎兵に将とし、馬歩十余万、黎明く河を渡る。南軍の瞿能父子、平安等、房寛の陣をいて之を破る。張玉等を見て懼色あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「廿三か、白河のこつちだ、箆棒くつてな」といつて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
昆布を出す。浴後昼食て、先当地之産土神下之御霊へ参詣、(中略)北野天満宮へ参詣、(中略)貝川橋を渡り、平野神社を拝む。境内桜花多く、遊看の男女雑閙
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
待居たり半兵衞はて歸り來り偖々御太儀なりしお小僧にも臺所へ行て食事仕玉へと云ひければ寶澤は下行食事もける頃感應院も祈祷
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昨日日暮らからつてたら爺樣餌料えてやつてつからたら、ぜていた食稻していてんぢやねえけ、かららもそれつたんぢやねつちつたな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)