“箆棒”の読み方と例文
読み方割合
べらぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先日も前大統領タフト氏が田舎に旅行して、途中で道連れになつた農夫を相手に、近頃農産物の値段が箆棒に高くなつた事を話して
箆棒、そんなことされつかえ、なんざあ幾日だつてあらあ、今夜らつからかねえつたつてえゝから、他人はれつとはあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
仕方がないから、まあ西洋料理ぐらいでごまかしておこうと思って、とうとう宝亭へ連れ込んだんです。——実に田口という男は箆棒だね。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)