“しめえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仕舞25.0%
25.0%
25.0%
25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
森「そうして気の落著いた時分、どうせ仕舞内済だから人を頼んで訳を付けやしょう」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「廿三か、白河のこつちだ、箆棒くつてな」といつて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それでも虫を堪えて居りやんしたが、に殺すべいとするから、家出をすれば其の跡へ原丹治親子が乗込んで来て、鹽原の家は潰れてしまうのは知ってはれど
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「そんだがよ、しがられつとにやかれつとよ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)