“しまい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
31.5%
仕舞29.8%
姉妹10.5%
最後7.3%
終局5.6%
化粧3.2%
終末2.4%
最終1.6%
後日0.8%
0.8%
0.8%
究竟0.8%
粉粧0.8%
終業0.8%
終番0.8%
結尾0.8%
罷了0.8%
語尾0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、には、親の世話になるのも自由を拘束されるんだというので、全く其の手を離れて独立独行で勉強しようというつもりになった。
予が半生の懺悔 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
利春は幼少の頃から部屋住のまま藩主斉清公の前に出て御囃子や仕舞を度々相勤めて御感に入り、いつも御褒美を頂戴していた。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
わたしはその週のあいだかけっぱなしにしておいたのハープをして持って来る。そうして四人の兄弟姉妹におどりをおどらせる。
……斯うして博士の工場は何時ともなしに寂しくなってそして最後には工場の中に一人の職工も居ないようになった。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何分にも呼吸が詰まるような心持で、終局には眼がんで来たから、にかく一方の硝子窓をあけて、それから半身を外に出して、ずほっと一息ついた。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ほんとに人の気も知らないで何をして居るであろう、と云えば、それでもお化粧に手間の取れまするが無理はないはず、と云いさしてホホと笑う慣れきった返しの太刀筋。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
新聞を見ても少し長い記事になると、もう五六行讀んだ許りで、終末まで讀み通すのがもどかしくなつて、大字標題だけを急がしくつた。續き物の小説などは猶更讀む氣がしなかつた。
不穏 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
何だよお前今頃に帰つて来て、何を面白さうに独りで饒舌てるんだ。もうくに最終汽車は通つてしまつたよ。早く這入つておしまひな。馬鹿馬鹿しい、近所合壁へも聞こえるや。
磯馴松 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
これはマア一つ話ですがそげな来歴で、後日にはそのナメラでも満足せんようになって、そのナメラの中でも一番、毒の強い赤肝を雁皮のように薄く切ります。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それでもダンダンと毒に免疫て来ると見えて、後日には何とものうなって来ます。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
此の按排じゃ、には雷にでも打たれて死ぬのだろう。自分で骨を折って音なしくしても、運が悪いのだから仕方がない。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
お歌さんまで先方の加勢をしたから乃公は腹を立てて、には喧嘩になってしまった。するとお春さんが太郎さんが泣くといけないから、地球が大きいにして置きなさいと言った。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
七兵衛——この船頭ばかりは、仕事のにも早船をここへいで戻りはせぬ。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「お湯から買物に回ッて……そしてネ自家もモウ好加減に酔てる癖に、私が飲めないと云うとネ、けてるッてガブガブそれこそ牛飲したもんだから、究竟にはグデングデンに酔てしまッて」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
背後からおえいの髷をえてへ引倒して、花嫁の美くしゅうてりとお粉粧をした顔を馬がモリ/\ッと噛みましたから、これは全く馬が多助のを討ったようなものでございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
終業が他の現場より遅いと云うただけなのだ
サガレンの浮浪者 (新字新仮名) / 広海大治(著)
このお年紀で、お一人で、行儀よく終番まで御覧なすって、欠伸一ツ遊ばさない。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兼「い其の通りだ、その結尾にある釣鉤のような字は何とか云ったね」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
見惚れてわれたか、罷了と、慌てて足許の穴へ隠れたでしゅわ。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「女ですよ、エリザヴェータ・ウォロベイっていう。おまけに語尾のタをトに書き変えたりなすってさ。」