“免疫”の読み方と例文
読み方割合
なれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最初は一番毒の少ないカナトウ鰒をば喰いましたが、だんだん免疫て来ますと虎鰒、北枕ナンチいうものを喰わんとフク喰うたような気持になりまっせん。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それでもダンダンと毒に免疫て来ると見えて、後日には何とものうなって来ます。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)