“免許”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みんきょ33.3%
めんきよ33.3%
ゆるし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相「喧嘩してはいましねえ、彼奴剣術免許だから剣術はも及びましねえ」
「下男の勇太郎、草角力の關取で、外に小僧の宗之助は十三で買ひ喰ひの名人、下女のお春は十四で滅法可愛らしい、下女のお竹は三十でみ喰ひ免許皆傳」
「左様でございます。手前どもは上町の小屋に興行のお免許を願っておりました染之助一座の楽屋者に相違ございません」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)