“免役税”の読み方と例文
読み方割合
オブローク100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
⦅どうしてこんなところへやって来とるのか?⦆と署長がいうと、⦅ちゃんと免役税を納めて、暇を取ったのでがすよ⦆と君はまたすらすら答える。
モスクワで商売をしていましたがね、免役税だけでも年に五百ルーブリから入れておりましたからな。
ところが、収穫の方は前々どおりにどしどし集まって来た。百姓は昔どおり免役税を持って来なければならず、女たちもそれぞれ元どおりに胡桃を年貢に納めなければならなかった。