“免蒙”の読み方と例文
読み方割合
めんこうむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何を云っても、えとかいえとかぎりで、しかもそのえといえが大分面倒らしいので、しまいにはとうとう切り上げて、こっちからご免蒙った。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「しからばこれにてご免蒙る」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いたずらと罰はつきもんだ。罰があるからいたずらも心持ちよく出来る。いたずらだけで罰はご免蒙るなんて下劣な根性がどこの国に流行ると思ってるんだ。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)