“足許”の読み方と例文
読み方割合
あしもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどは少し大声で呼ぶと、何と感づいたかN君は、何か落し物でもしたように、足許へ顔をむけてグルグル舞いをするのである。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
向う岸で法螺の貝を吹き出すと、やがてこちらでも、いつのまにか、田山白雲のつい足許から同じ貝の音がすさまじく響き出しました。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「しようがないね、その敵のため、ぼくたちははじめから捕虜になってしまって……おや、へんだね、足許がゆらいでいるじゃないか」
時計屋敷の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)