“足掻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あが84.3%
あがき13.3%
あがい1.2%
あしが1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むしろその毒血自体がのたうつてゐる足掻きであり、見様によつては狡猾なカラクリであり、女はそれを意識してゐないであらうが
戦争と一人の女 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
いくら、足掻のわるい縁の下でも、あぶないものを持って暗やみを無茶にかき廻されたひには、たまッたものではありませんから
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山「憫然に、己も颶風と知って居れば来やアしない、騒いではいかんよ、二里も沖へ出て居るから足掻てもいかんよ、騒いでも仕方がない、まア気をり船にまって居な」
烏の足掻きの雪の飛沫から小さな虹が輪になって出滅する。太鼓の音が殷々く。向う岸の稲荷の物音である。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)