“足下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしもと55.6%
そっか25.6%
そくか8.5%
そこ2.6%
おまへ1.7%
そなた1.7%
おぬし0.9%
きみ0.9%
そこもと0.9%
こなた0.9%
ソッカ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尺八の穴みなビューッと鳴って、一角の大刀を大輪に払うと、払われたほうは気をって、さっとその足下からずり上げる。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『ええ只今足下御関係のある事柄で、申上げたいとうのですが。』と、市役所員居並人々挨拶むとこうした。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
内山君足下此位にしてかう。さてくに其物隨喜した。これは失戀かもれない。明後日歸京する。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「え、藤色とばかりじゃ、本読みが納まらねえぜ。足下のようでもないじゃないか」
外科室 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『これ、武村兵曹足下はなか/\薩摩琵琶な、一曲やらんか、やる! よした。』と水兵じて、自分御持參琵琶取寄せた。
親王興に入りたまいて、さらば足下のは、と問わせたまうに、旧上達部檳榔毛の車にりたるが、時に其声を聞くにも似たらん、と申した。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
マーキュ 猫王どの、九箇あるといふ足下つだけ所望したいが、其後擧動次第八箇くまいものでもない。
ベンヺ カピューレットの例會に、足下ふローザラインが、ヹローナで評判のあらゆる美人達同席するは都合ぢゃ。
「それでは、月番の足下に、御頼み申そう。ああ、肩の荷が降りた。そこでさきの話のつづきじゃが、その女が?」
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
足下予程うて、あのヂュリエットが戀人で、婚禮げてたぬうちにチッバルトをばして、のやうにれ、のやうにあさましう追放されたでなら
亮、柴桑ノ一別ヨリ、今ニ至ッテ恋々ト忘レズ。聞ク、足下西川(蜀)ヲ取ラント欲スト。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)