“婚禮”の読み方と例文
新字:婚礼
読み方割合
こんれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何時何處で、如何してうて、如何言寄って、如何誓言をしたかは、きながらしませうほどに、承引してされ、今日婚禮さすることを。
出せば大藤受取て世に婚禮にはひると又き日と有といへども附會の多くて取可き所ろもになし然は云へ世俗に從はずば和郎の方の如何にやと思ふ計りに良辰
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これまでのにはつまらぬ吉凶黒日白日のとてもわからぬ日柄たれば、世間るほど、し、婚禮日限し、轉宅
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)