“譯”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
わけ87.1%
やく6.5%
わか3.2%
わき1.6%
をさ1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところで、どういふで、そんな子の私が寫眞などはじめるやうになつたかといへば、そのは、三宅克巳氏の「寫眞術
不知庵主人りしする批評仲々なりとはけるが、病氣其他ありて今日までにたるは四五種のみ
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
故に慾心と云ふもの仰山起り來て、天理と云ふことをることなし。天理と云ふことがつたらば、壽殀何ぞとすることあらんや。
遺教 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
此處らんとこにたのがだが、それつきり何處さかつちやつたな、それかられはあ、ようまづなんざあねえつちつてんだ」手先脊椎れた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
日浮びてを重ね、雲散りてまず。を連ね穗をはすすことを絶たず、を列ね、を重ぬるに空しき月無し。名は文命よりも高く、徳は天乙にれりと謂ひつべし。