“仲々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかなか83.3%
なか/\16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが仲々、お役人方苦心は、新聞に出ているくらいのものではありませんでした。その研究中の一つのはなしです。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
おしゃれも仲々むずかしく、やけくそになって、ズボンの寝押しも怠り、靴も磨かず、胴乱をだらんとさげて、わざと猫背になって歩きました。
おしゃれ童子 (新字新仮名) / 太宰治(著)
不知庵主人りしする批評仲々なりとはけるが、病氣其他ありて今日までにたるは四五種のみ
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
だつて、其樣無鐵砲はない、工夫は、大佐閣下仲々巧妙感心なすつたんです。』と意氣昂然として