“罪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つみ92.0%
ツミ3.0%
ざい2.0%
とが2.0%
シュルド1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“罪”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)46.2%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語12.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)3.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「きりが深くなかったら、ぼくたちはあぶなくどろぼうのつみ拘引こういんされるところだったよ」とマチアは言った。
ヂュリ とゝさまの命令おほせごとそむいた不孝ふかうつみくやむことをならうたところに。
アマツミは、田植ゑに臨む、村の仮装神人及び巫女——早処女サヲトメ——の、長期の物忌み生活から出た起原説明物語であつた。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ヘッツミ作りな……
葦笛(一幕) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
しかし、これで岡田のえんざいは明かになったが、そうなると、一方において、また新しい疑問が生じて来る。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
下頭億万遍げとうおくまんべんざい消業しょうごう
下頭橋由来 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
従って人に非難されるとが、隠密の情事とは、後の巻々に描けることであり、「語り伝へけむ」とはこの物語、この後の巻々のことである
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
われはねむりの成らぬを水のとがに帰して、
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
傷つける野獣がその傷口を舌をもってなめるように、人類はそのシュルドをなめたい。
シュルドトート