“託宣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たくせん87.5%
おつげ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、ご託宣の出たからには、痛い思いぐらいはあっても、生命にはかかわるまい。——そう考えて吉次は眼を閉じていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(お玉が池の開け住みうかりければやといふ。)親は寿を、子は福をさづけんと託宣ありしよりその名ありとなん。
江戸の玩具 (新字旧仮名) / 淡島寒月(著)
しゃ!明神様の託宣——と眼玉んで見れば、どうやら近頃から逗留した渡りものの書生坊、悪く優しげな顔色も、絵草子で見た自来也だぞ、盗賊の張本ござんなれ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)