“書生坊”の読み方と例文
読み方割合
しょせっぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小父さんもう歩行けない。見なさる通りの書生坊で、相当、お駄賃もあげられないけれど、河内まで何とかして駕籠の都合は出来ないでしょうか。」
栃の実 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しゃ!明神様の託宣——と眼玉んで見れば、どうやら近頃から逗留した渡りものの書生坊、悪く優しげな顔色も、絵草子で見た自来也だぞ、盗賊の張本ござんなれ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)