“眼玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めだま85.7%
まなこだま14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『ああ、いい塩梅ちやがつた。自分眼玉ふなんて阿呆がどこにゐる。ペンペの邪魔さえゐなけりや、もうはをれのものだ。』
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
今度は、お眼玉掻毮るかもしれない。ラプンツェルはもうおのものじゃアい。おはもう、二と、彼女にあうことはあるまいよ。
この松本の眼玉の黒いうちは組合やこし斷じてこの池田へは入れんぞう。おやぢ! よう聞いとけ、この松本の眼玉の黒いうちは——
黎明 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
しゃ!明神様の託宣——と眼玉んで見れば、どうやら近頃から逗留した渡りものの書生坊、悪く優しげな顔色も、絵草子で見た自来也だぞ、盗賊の張本ござんなれ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)