火を喰つた鴉ひをくったからす
西蔵は世界の屋根といはれてゐるほどで、国全体が高い山々の連りだ。その山々の中でも群を抜いて高く、西蔵の屋根ともいはれるのが、印度との国境に跨るヱヴェレスト山である。その頂上には古い昔から、大理石のやうに硬くて真白な雪が凍りついてゐて、壁のや …
作品に特徴的な語句
ほほむ をそ 上流じようりう 真向まつこう うへ 大河たいか まへ ぐん こえ こほ ちひ かへ きふ あは おほ はう 最中さいちう 国境こくきやう 翌朝よくてう 出発しゆつぱつ つめた うえ かほ 頂上てうじやう 両方りやうほう おこ まは なに ぐらゐ 饒舌しやべ はや はじ うしな つらな 戯談じやうだん あぢ あふ 湿うる 渦巻うづま らく 正直しやうじき 正気しやうき 一々いちいち ざん 岩角いはかど なら ねん たび よは いか 顔付かほつき あたま ほう 旨味うま 昨夜ゆふべ 有名いうめい がら おと 様子やうす つづ 谷間たにま 調子てうし だれ はな 見廻みまは 薄暗うすくら またが わか はら へん かへ とほ ちぢ 真赤まつか 気持きもち こほり 猟師れふし しやく 相手あひて かみなり 真白ましろ かた はづ 突然とつぜん 稀薄うす 邪魔じやま くら だま