“最中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もなか39.8%
さいちゅう25.5%
さなか23.0%
さいちう6.8%
さいちゆう2.5%
まんなか1.2%
たゞなか0.6%
サナカ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんなに急ぐならば此方は知らぬ、お前一人でお出と怒られて、別れ別れの到着、筆やの店へ來し時は正太が夕飯の最中とおぼえし。
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
けれどこんなことでまごまごしている最中に、バルブレンのおっかあのまだ生きていることを知って、わたしは大きな満足を感じた。
僕達は寒い最中に上野を立った。僕達は皆んな炭坑労務者の記号のついた腕章を巻いていたが、誰もが気恥ずかしそうにしていた。
落穂拾い (新字新仮名) / 小山清(著)
と云ひつして、それなり消えて仕舞つた。すると、の時間に又何処からかれた。今度は何と思つたか、講義の最中に、突然
三四郎 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
入口彼方縁側で三小女つて一人此方しも十七八の姉樣つて最中
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
本堂はに五重の塔を控えて、普通ありふれた仏閣よりもがあった。最中からっている白いなどはいかにも閑静に見えた。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しるべの燈火かげゆれて、廊下ろしきをれし我家ともはず、侍女下婢最中さま書生部屋へとおはしぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
此日可なり古くから、夏の最中にきまつて塩鯖の手土産をさげて、親・親方の家へ挨拶に行つた。背の青い魚の代表の様なあの魚も、さばと言ふ名は古い。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)