行人こうじん
友達梅田の停車場を下りるや否や自分は母からいいつけられた通り、すぐ俥を雇って岡田の家に馳けさせた。岡田は母方の遠縁に当る男であった。自分は彼がはたして母の何に当るかを知らずにただ疎い親類とばかり覚えていた。 大阪へ下りるとすぐ彼を訪うたのに …
作品に特徴的な語句
ごろ 給仕ボイ ちょく 東京あっち つら ヴァーズ かこ 退しり うな むっ ゆさ むかい あく ふる あか じょう おす 歩行ほこう くだ うけ あけ ふか わずらい じか しげ きつ どおり うま あげ 焦慮じれっ きょく 冷笑ひやかし すす もう おお 退 いご うなり くっ 出立でたて 目的エンド おろ じょ じき じゅう あや はじ ゆき ぎゃく した はずみ もと 交際まじわり 謝罪あや 平生つね 打擲うちたた ばえ そり 柔和やさ ひる ひらめき 尋常なみ なら ひやや 抵抗たわい 見下みさ いき 最中まんなか うま いちじ いれ れん ためし そま なお くわし した いら 蒼白あおしろ あにき さが 執拗しゅうね わたくし たし はばかり おっ つら つら 御物ごもつ うけが 見付めっ