行人こうじん
友達梅田の停車場を下りるや否や自分は母からいいつけられた通り、すぐ俥を雇って岡田の家に馳けさせた。岡田は母方の遠縁に当る男であった。自分は彼がはたして母の何に当るかを知らずにただ疎い親類とばかり覚えて …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 愚弄ぐろう 活々いきいき 緻密ちみつ 敵愾心てきがいしん びん 満更まんざら 稲妻いなずま いそ 諏訪すわ 煙草盆たばこぼん 不機嫌ふきげん あと 肌理きめ 藁草履わらぞうり 日数ひかず 木蔭こかげ 物識ものしり 凋落ちょうらく 物憂ものう 伊豆いず いが えくぼ 下卑げび 櫛巻くしまき 容赦ようしゃ 袖口そでぐち 芝生しばふ 音沙汰おとさた 馴々なれなれ 律義りちぎ なつめ 梶棒かじぼう 白木しらき 花片はなびら 土堤どて 臆測おくそく 手柄てがら 皆目かいもく 繰返くりかえ 旱魃かんばつ 権柄けんぺい わく 唐草からくさ 掃溜はきだめ 牡丹餅ぼたもち 立竦たちすく むじな 陳腐ちんぷ 稀薄きはく 見識けんしき 初手しょて 山葵わさび 無沙汰ぶさた 海苔のり 眉目びもく 将棋しょうぎ 頑是がんぜ そり 御蔭おかげ 述懐じゅっかい 鶏卵たまご 小雨こさめ 遮断しゃだん 丹精たんせい 凡庸ぼんよう 半年はんとし 天秤棒てんびんぼう 日盛ひざかり 気兼きがね 窓際まどぎわ 逗子ずし 一足ひとあし 手数てかず 仏頂面ぶっちょうづら 衣桁いこう 拳骨げんこつ 晩酌ばんしゃく 癇癖かんぺき 端書はがき 三和土たたき 御挨拶ごあいさつ 書翰しょかん 泥鰌どじょう 額縁がくぶち 伺候しこう 定紋じょうもん 硝子窓ガラスまど 賜物たまもの 仲人なこうど 生唾なまつばき 窮屈きゅうくつ 謀反むほん 二間ふたま 常磐木ときわぎ 海嘯つなみ 一図いちず 五日いつか 読経どきょう