“見下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みおろ50.0%
みくだ23.8%
みお22.0%
みさげ1.8%
みく1.2%
みさ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云ううちに燃ゆるような熱情を籠めた眼付で、今一度、吾輩を見上げ見下した。吾輩はその瞬間純色透明になったような気がした。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
が、こんな時、一座を冷然と見下すように座っているのは良沢だった。彼は、みんなが発するような愚問は、決して発しなかった。
蘭学事始 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
自然栄枯盛衰てきた、偉大である太陽は、けて焦土となったそのから、見下ろして、こういいました。
春はよみがえる (新字新仮名) / 小川未明(著)
その満足見下るような様子んで同僚長靴此等気障でならなかったが、るのは、治療することを自分として
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
畢竟私が大阪に居るは同窓生と共に江戸の学者を見下だして取るに足らないものだとう思うて居ながらも、ソレをに信じてい気になって居ては大間違が起るから
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
嫂は自分を見下げたようなまた自分を調戯うような薄笑いを薄いの両端に見せつつ、わざと足音を高くして、茶の間の方へ去った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)