“栄枯盛衰”の読み方と例文
旧字:榮枯盛衰
読み方割合
えいこせいすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自然栄枯盛衰てきた、偉大である太陽は、けて焦土となったそのから、見下ろして、こういいました。
春はよみがえる (新字新仮名) / 小川未明(著)
有王 (俊寛を支えあわれみにえざるごとく)お気をたしかに! 栄枯盛衰は人間の力にりがたき天のさだめでございます。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
妻として母として学問の必要なることは、これを生活問題から見ても益々その必要を感ずるのである。栄枯盛衰生者必滅とは古い文句であるが、常に新しい意味を持っている。
夫婦共稼ぎと女子の学問 (新字新仮名) / 大隈重信(著)