俊寛しゅんかん
人 法勝寺執行俊寛 丹波少将成経 平判官康頼 有王(俊寛の昔の家僮) 漁夫(男、女、童子ら数人) 丹左衛門尉基康(清盛の使者) その従者数人 船頭数人 時 平氏全盛時代 所 鬼界が島 第一幕 鬼界が島の海岸。荒涼とした砂浜。ところどころに芦 …
作品に特徴的な語句
むね たいらの せい のが きゅう とむ めん なお てっ 蜻蛉かげろう ぎょう ともの 漁夫ぎょふ まこと 生死せいし 鹿しし ばと 熱湯ねっとう つか 西方さいほう くわだ とら ともな 計略けいりゃく 故郷こきょう 空虚くうきょ がん おだ わし きず 暗夜あんや むすめ のが さる さか こく もがさ きび きわ 一矢ひとや 恩愛おんない はじ あや たきぎ 当初とうしょ 所業しょぎょう うけたまわ きれ いわ おぼ えが むす 細部さいぶ むね 明日あした 転覆てんぷく うば かた かよ ぐう 執行しゅぎょう 執念しゅうねん 郎党ろうどう 団欒まどい 郷愁きょうしゅう すがた 嘆息たんそく 盗人ぬすっと ひん ぬす 盈虧みちかけ めい 皇子おうじ ひつぎ 信頼のぶより 歳月さいげつ 仇敵きゅうてき 刃向はむ ほろ 霊魂れいこん 凝視ぎょうし かんむり 優雅ゆうが
題名が同じ作品
俊寛 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
俊寛 (新字新仮名)菊池寛 (著)