“所業”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しわざ74.6%
しょぎょう11.1%
しよげふ4.8%
おこない1.6%
しごと1.6%
しはざ1.6%
しょざい1.6%
なすわざ1.6%
わざ1.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“所業”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
假におみつの所業しわざとして、夜中にみんなの寢息をうかゞつて雜魚寢の部屋を拔出したとすると、あんまり度胸が太過ぎる。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
それにしては余りに大胆で、軽率で、それほどの運命を背負って立っている、頭のいい青年の所業しわざとはどうしても思われませぬ。
死後の恋 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いうまでもなく一特定人——リッパア・ゼ・ジャック——の所業しょぎょうである。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
顔はまっさおでしかも燃えるような目で僧らの所業しょぎょうを見ていました。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
……が、わたしこれ地祇神とちのかみ所業しよげふおもふ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一事をげて之を日本人及びアイヌの所業しよげふに照らし、一物をつて之を日本人及びアイヌの製品せいひんし、論斷を下すが如きは、畫報ぐわはう記事きじとして不適當なるの感無きに非ざれば、夫等の事は一切省畧して、只肝要かんえうなる一事のみを記すべし。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
一方、勘右衛門は旅僧の素性や、所業おこないに不審を抱くようになった。
風呂供養の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
私の母親弓子が発狂した時に口走った事実を綜合すると、そうした伯父の非道な所業しごとは全部事実と思われるばかりでない。
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
女を不幸のどん底に落すのも、男の所業しはざだとはわかつてをります。
緑の星 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
睡気ねむけがさしてもさすがここでは居睡いねむりをするわけにも行かないらしく、いずれも所業しょざいなげにただ時間のたつのを待っているという様子。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
所業なすわざではない、人間にんげん擧動ふるまひである。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「お澄さん……私は見事に強請ねだったね。——強請ったより強請ゆすりだよ。いや、この時刻だから強盗の所業わざです。しかし難有ありがたい。」
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)