鷭狩ばんがり
初冬の夜更である。 片山津(加賀)の温泉宿、半月館弓野屋の二階——だけれど、広い階子段が途中で一段大きく蜿ってS形に昇るので三階ぐらいに高い——取着の扉を開けて、一人旅の、三十ばかりの客が、寝衣で薄ぼんやりと顕れた。 この、半ば西洋づくりの …
作品に特徴的な語句
まわり 寿いのちなが 所業わざ 点々ぼつぼつ しずか ぶち 変化おばけ つき かッ にじ まつわ 赫々かっか 女中おんな 深夜よなか からま くら やわらか 折角おれかど ひらき ことば 引掛ひっかけ 静寂しずか 退さが つらな にが 嫉妬ねたみ おおき あつらえ くう つっ うぬ くれない へり あらた おのず うっす いやし 強請ねだ ごし 巧言じょうず こら わき あが えり めぐら あわただ 冬籠ふゆごもり 汝等うぬら しょう たぎ ながれ 海鳴うみなり しん かまえ かすか えん すさま 深更よふけ つら いや ひき たび 稚児おさなご なめら 硝子がらす かすか 幇間たいこもち すま にべ こみ 点滴したた ともしび うたがい ななめ 疼痛いたみ 便宜たより 生死しょうし おさ うてな 可懐なつかし 夜更よふけ おおい 口惜くやし 木片こっぱ はるか 一杯ひとつ そっ 寂寞ひっそり つかま つり