“掴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つか89.3%
つかま7.1%
つかみ1.3%
づか0.6%
かく0.5%
つま0.5%
にぎ0.5%
ツカ0.2%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向柳原は縄張内で、平次も暮へかけて一と働きしましたが、こればかりは、雲をむようで、全く手の付けようがなかったのでした。
ここで按摩が殺す気だろう。構うもんか、勝手にしろ、似たものをつけて、とそう覚悟して按摩さん、背中へってもらったんだ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ピシャリと、柿丘の頬に、まぬるいものが当ると、耳のうしろをめて、手帛らしい一ほどのものがパッとって落ちた。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それと気が付いたときにはあッとくず折れそうであったにらず、それでもふみ耐えて、手近かな垂木をわしみにすることが出来たのだ。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
と、さきに一捷した秀吉から、謙譲を示したことが、まず非常に、会議の進捗を円滑にしたのである。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
順々に運ばれる皿数の最後に出た独活を、瑠璃子夫人がその白魚のやうな華奢な指先で、み上げたとき、彼女は思ひ出したやうに美奈子に云つた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
総支配人で店をる人になったのですが——そのかない気性と、強いものがあるところへ、お母さんは江戸っですの。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
盗、畏震シテ、速ヤカニヲ出デ、相顧ミテ、モノヲ云ワントスレバ、ハ皆、ニ閉ジラレテ開カズ、手ノ玉帯ヲ見レバ、各〻、怖ロシゲナル巨蛇ミテアリシト。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其晩は鼻をまゝれる程の闇で、足許さへも覚束なかつた。丑松は先に立つて、提灯の光に夜路を照らし乍ら、山深く叔父を導いて行つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)